ダンスをずっと長く続ける為に

 
 これからお話する事は一つの情報として知識を持っておいて下さい。
どんなスポーツも、健康に動かすだけなら決して体を痛める事は無いですよね。
痛めるどころか、体にとっては本当に良い事です。

骨を強くします、そしてスタレスも解消されます、体の免疫も付きます、そして心の病迄も治してしまいます。
これからの世の中、いえいえ現在の世の中ストレスだらけの社会と言われています。

そんな中でどう健康に過ごして行くか!! やはり適度な運動が一番なんです。

例えば、大人に成って適度なおちょこ一杯のお酒も体には良いと言われますが、でもこれもアレルギーの有る方は季節の変わり目になると、異常を来す場合もあるんですね。

私達ダンサーも然り、子供達も少々の運動ならそんな体を痛める事はありません。
でも好きで、もっと上手く成りたいと思えば思う程、体に負荷がかかります。
負荷がかからない、そしてそれに耐える強い体にする為に、まずストレッチ、筋トレ、クールダウンなどをレッスンの前後に行い、ダンスをする訳です。

でも鍛えられていない体に無茶な動きをすると絶対体を痛めます。
子供の間は、そう筋肉痛と言う物が有りませんよね。
でもだんだん大人の体に成れば成る程、今迄無かった筋肉痛と言う物を経験する訳です。

でも痛め過ぎてから、病院に通っても中々治りにくい!! 一番良いのは、常に予防する事癖付けることが大事なんです。

私は今迄長くスポーツをしてきて自分の体で実証してきました。

野球選手で良く見ると思いますが、ピッチャーの選手が必ずマウンドで投げた後、肩や肘を良くアイシングで冷やします。
痛く成ったから冷やしているんでは無いんですね!!

長時間投げていると肩や肘に熱が籠ります。それをほっておくと、筋肉を硬直した状態に置いておく事になるので、簡単に言うと悪玉菌みたいな物がそのまま、放置されるわけです。

冷やす事で筋肉を早くほぐし、元に戻し、良い筋肉を又付られる訳です。
子供達も筋肉痛が無いからと言って欲ておくと後で大変な目に遭います。

今日はちょっと体動かし過ぎた、腰や肩、膝を使い過ぎたと思ったときは、絶対氷で冷やして下さい。
そういった習慣を幼いときから癖付けると、体を痛める事無く長く続けて行く事が出来る訳なんです。

でも、常に外で氷で冷やす事って本当に中々難しいので、私はまず応急処置として湿布を貼ったりします。
でもこの湿布も完全に冷やす物ではないんですね。

やらないよりはマシだと言う感覚だと思って下さい。
家に帰ったら必ず湿布を外し氷、又凍らないアイスノンでアイシングしましょう。

そこでなんです!! 通常よく市販でも売られている湿布でも全然良いのですが、私が今一番今迄の湿布の中で一番良かったって思ったのが、「アイシングシート"ひやか〜"て言う湿布です。

通常の湿布よりは確かに値段も高いですが、物は確か!!
是非一度試してみて下さいね!! 匂いもそんなに有りません!!
下記にURLを貼っておきます。このサイトが一番安いと思うんです。
1袋が5枚いりの50袋なんですね。ちょっとこんなにいらないと思う方はお友達と一緒に購入してもいいですよね。

アイシングシート "ひやか~"ここをクリック

澤田のちょっとした知恵袋情報でした!!


スポンサーサイト
プロフィール

k.d.c kyoko

Author:k.d.c kyoko
阿倍野にあるK.D.C(kyoko dance kids club)のブログです♪

プライベートでイ・ミンホの大ファン時々自作自前動画UPしています。
●K.D.Cオフィシャルサイト
ホームページはこちらをクリック!

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク