広告のお知らせ

今年の発表会は11月頃に予定していますが、その前にBスタジオも御陰さまでもう少しで1年経とうとしております。

一度皆さん阿倍野、大正の方々にもっとKDCを知って頂くのに、フライヤー、チラシなどポスティングしようと考えています。

その内容として、まだKDCをご存知でない方々を対象にスペシャルサービスを折り込んでいますので、是非チラシなどがポストに入っていましたら、ご確認下さい。

期間限定ですので、のんびりしているとあっという間に過ぎてしまいますので、宜しくお願いします。勿論現在会員の方にも得点やサプライズありますよ。

内容は今お話出来ませんが、是非チラシ、ゲットして下さい。

最近良く入会される方で、共通してお話しされるのが、他でダンス初めて小さい頃からやっていても全然上達せず、悩んでいるんですが、子供に才能がないんでしょうか?


と言うご質問です。それに対して!!

才能は全てのお子さんに有るんですよね。それを指導者が、どう引き出せるかなんです。
顔と一緒で、それぞれのお子様がどれだけダンスが好きか、好きでないかで上達度は違います。

勿論お母様がダンス好きでお子様に習わされる方も少なく有りませんが、習う生徒さん達がどれだけダンスを好きに成るかだと思うんですね。

私も決して器用な方ではなかったのですが、教える側のやり方で随分上達度や好きに成る気持ちは変わります。自信を持たせること、そして楽しいと思う事が大事です。

一つとして、先生に憧れる、先生の踊りが好き、ダンスする事で目標を持っている、スタジオの雰囲気が好き、ダンスする仲間が好き、ご父兄側として安心して子供を預けられ、家が近いから仕事も安心して出来るなど色々な理由が有ると思います。

そして一番大事なのが家族が仲良く幸せに暮らしていると言う事が一番大事な条件のように思います。子供に関わらず、大人で有っても、家族に何か問題、悩みが有れば、何に対してでも集中して出来ず、最悪。中途半端で辞めてしまうと行った事が多いです。特に母親がイライラしていると、理由が無くてもそれが子供に以心伝心しますから、母親の存在って偉大です。

話は少し外れましたが、そう言った微妙な環境で上達が違って来ます。そう言った環境条件が、常に安定してこそ、子供達は好きな事が思う存分出来るんじゃないでしょうか。

でも、少なからずスタジオ側が出来る事、それは、スタジオの雰囲気によってどれだけ生徒さん達が安心してダンスが出来るかなんですよね。

また、講師の指導力も大きいです。少しでも良い所が有れば、心の底から褒めてあげると言った事が大事です。

私が自分で言うのも変ですが、今Bスタジオで教えている生徒なんですが、まだやっと3年になったとこなんですが、見る度に上達しています。
その上達がホント!!ビックリする位なんです。子供達は本当に素直なので指導者と生徒の間の信頼関係が大事で、表面的な事ではなく心の繋がりだと信じたいです。

きっと自分で、先生に言われた事をしっかり守って練習し、そして家のお手伝い、勉強も忘れずしているんだろうなぁ~~って思います。

手前味噌ですが、KDCで普通に一生懸命レッスンして長く続けてくれている生徒は、どこのスタジオに行ってもきっとレベルは高いですし、通用します。
そして、それだけではなく、ダンスに対しての考え方が真剣なので、尊敬すらされるようです。

でも、私からしたら、いくら目立ったダンスが出来ていても、派手なスタジオも沢山有りますから、自分を見失わないようにしないと、足下引っ張られて、あっと言う間に、辞めてしまったり、見せかけのダンスに走ってしまいます。
そう言った辞めた生徒見て来て凄く残念です。

ちょっとした環境で今迄の努力が無駄に成らないように、ダンスは言葉の無い表現でどれだけ、心を伝えられるかと言う所が難しいんですね。心が病んでいたり、ずるい考え、人を蔑んだり、見せかけの得に目が眩むと、全てそう言った事が踊りに出ます。以外と純粋に楽しむ事ってむつかしいですね。

一つ一つの地道な努力が実を結びます。
常に基本に戻れる、気持ちと変にプライド持つと、もう吸収出来ません。
これは、どんな指導者にでも言える事だと、いつも思っています。

久しぶりに話が長く成っちゃいました。

これから中学から必須教科に成りますから、そう言った意味で真剣に、且つ楽しめるダンス学ぶにはやはりK.D.Cしょうね。





スポンサーサイト
プロフィール

k.d.c kyoko

Author:k.d.c kyoko
阿倍野にあるK.D.C(kyoko dance kids club)のブログです♪

プライベートでイ・ミンホの大ファン時々自作自前動画UPしています。
●K.D.Cオフィシャルサイト
ホームページはこちらをクリック!

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク