2009年12月23日 発表会 大変お疲れさま

 今回の発表会も素晴らしい思い出に残る、舞台で終える事が出来ました。

ご父兄から、又出演者からの温かいメール本当に有り難うございました。
毎回踊るのは辞めようと心に誓い、演出に力を注ぎつつ、つい欲を出して後悔する今日この頃ですが、

しかし、KDCの生徒達の素晴らしさには、毎回びっくりさせられます。普段の練習以上の気合いと迫力を見せてくれる生徒達にはいつもながら頭が下がります。

舞台公演をきめてからの一年は自分との戦いが始まります。こういった事もしようとか、あれもしようとか考えますが、舞台の広さが足らなかったり、予算があわなかったりで、断念する事も多々有ります。

特に、今回は、夏前から新インフルエンザが問題になり、舞台本番迄本当にヒヤヒヤものでした。
KDCはキッズ特に小さい生徒も沢山います。不参加の生徒も確かに、今迄に無いくらいキャンセルも、ダンス自体辞める生徒も相次ぎました。

舞台公演の日も決まっているのに、本当に発表会が出来るのか、毎日不安の日々が続きました。
でも、自分達を信じて、素晴らしい舞台に参加し、私を信じて舞台の参加を強く希望してくれる生徒又ご父兄の協力で、本番は一人だけの欠場で、あんな小さい子もこんな小さい子も、インフルエンザや風邪なども引かず、体調万全な状態で参加てしてくれた事、私と生徒の約束をちゃんと守ってくれ、健康管理に気を配ってくれた生徒そしてご父兄の方々に、心から感謝致します。

その意気込みはやはり舞台に凄く出ていました。もうここ迄来ると今回の舞台の素晴らしさは言葉では表現出来ないくらい、一生心に残る舞台だったと思います。

笑顔も沢山あって本当に心からダンスを楽しんでくれてそして見ている人にも感動を与えてくれました。
毎回思う事ですが、一年間の苦労は、正直言って自分との戦いなので、つい妥協しがちになります。

でも生徒達の頑張っている姿を見ていると、自分がつい恥ずかしくなります。やっぱり、とことん追求し納得出来るベストの作品に仕上げたい気持ちにさしてくれます。

今回の舞台は今迄に無い特徴がありました。
出る作品全ての生徒が輝いていた事です。誰が主役ではなく、みんなが同じだけ輝いて見事に全ての生徒が主役だったんです。
これは、違った言い方をすると、皆の気持ちが一つになっていた証拠でしょうね。

特に始めて参加した子供達にお母さん、お父さんが新ためて子供達のすばらしさに感動して頂けたと思います。

これからが出発です。又来年は気持ち新たに頑張って、少しで良いので先生に力と若さ下さいね。全部とは言いませんからね!!

大変お疲れさまでした。そして感動を有り難う!!
スポンサーサイト
プロフィール

k.d.c kyoko

Author:k.d.c kyoko
阿倍野にあるK.D.C(kyoko dance kids club)のブログです♪

プライベートでイ・ミンホの大ファン時々自作自前動画UPしています。
●K.D.Cオフィシャルサイト
ホームページはこちらをクリック!

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク